Category: Opinion

2016年最後の日に思う

2016年も最後の日になりました。
多くの人が感じているように、年々時の加速度がアップしているようで・・・

つい数日前に、近所の神社に初詣に行った記憶があるのに、今夜、12時過ぎたらまた行く予定です。
感覚的には「年に何回初詣に行くの?」って感じです。

今年は、1月10日にDavid Bowieが亡くなり、その悲しみをうまく受け止められないまま、モヤモヤとした気持ちで1年が過ぎて行きました。
(1月の不思議軍WEB『悲しみを拗らせ中』『David Bowie With Me』参照)
http://fushigigun.com/2016/01/

訃報を知り、何日かしてからLa.mamaで、今年の初LIVE、ソロ弾き語りで出る予定でしたが、急遽Mick Ronson Memorial Bandのギター、りょうちゃんを誘って、2人でBowieの曲をアコースティック・カヴァーで演奏してきました。
(動画貼り付けておきます)

特に追悼とか、そういう気持ちもわかぬまま、Bowieに関するMCも一切なく、なんとなく平淡な気持ちでBowieの曲を演奏しました。

夏には久しぶりにMick Ronson Memorial Bandとしてカニ坂ロックフェスのステージに立ち、Bowieの曲を演奏しました。

個人的には、ここで、少しは、しっかりと悲しみを受け止められるかな・・・下手したら泣いちゃうかしら・・・ぐらいに思っていたのですが、ここでもまだ受け止められぬまま、本日にいたっております。

その間にも2016年、本当に多くの訃報を聞きました。
これほど、大事な人が次々に亡くなってしまう年って今までに無かったよね?

オレの心に少しでも何かを残した人の訃報に接する度に、心ざわめき揺さぶられるのですが、David Bowieの死を理解出来ずにいるオレは、本当になんだかよくわからないホワ~ンとモヤモヤとした霧の中を歩いているような気分のままで大晦日を迎えてしまいました。

来年の抱負は、David Bowieの死を受け止める事です(笑)


表現の自由

明日は、参院選の投票日ですね。
 
そんな事もあって、オレが考えている事を少しばかり書いてみたいと思います。
 
先日の『第2回 渋谷幻野祭』
第1回につづいて、元NHKアナウンサーの堀潤さんに出演していただきました。
 
2回に渡って、堀さんの話を聞いたわけですが、やはり考えている事の本質部分は、オレと共通しているな、と感じました。
 
堀さんといえば、彼がNHKを辞めるきっかけとなった、原発事故の報道問題がどうしてもクローズアップされてしまうのですが、彼が一番問題としているのは、実際におこっている事を正しく報道する事が出来ない。という部分だと思います。
 
ひいては、憲法で保障されているはずの「表現の自由」はそこにあるのか?
という問題点にも繋がるわけです。
 
取材した内容が、政界、財界、色々な部分で日本を動かしている方々の思惑や利益と一致しない場合には、それは正しい形で報道する事が出来ない、人々には伝わらないのだ。という事が堀さんの行動によって、明らかにされてしまったわけです。
 
原発事故の問題でいえば、そこに住む人々の健康や生活よりも、一部の人の思惑や利益を優先していると言ってもいいのではないでしょうか?
それが、この国の構造なのです。
 
そして、さらに一部の人の利益を守り、それを強固な物とし、一般国民の権利を制限しようとしているのが、今、自民党が進めようとしている憲法改正なのではないか、と感じてしまうのですよ、オレは。
 
先ほど出てきた「表現の自由」で言えば、昨年12月の衆院選の時にも、オレはFacebook上で、このように書いています。
 
(以下抜粋)
———ここから
自民党の憲法改正草案、よく読むと本当にヤバいと思うんだよね・・・
 
これ通されたら、色々な意味で取り返しがつかなくなりそうなんだけど・・・
違うかね?
 
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf
(日本国憲法改正草案)
 
あらかじめ突っ込まれそうな所には、全部言い訳を用意しているのも、なんだかね・・・
http://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/kenpou_qa.pdf
(日本国憲法改正草案 Q&A)
 
時間のある人は、これ↑の現行憲法と改正草案の文章を読み比べてみると良いと思います。
 
どうして、それを言い代える必要があるのか?
どうして、その文章を削るのか?
どうして、その文章を足さなければならないのか?
 
いっぱいあるから、読むの大変だけど、とりあえず「表現の自由」だけでも読んでみるといいかと。
オレの「友達」なら共通して一番関心のある所かと思われますので。
関心というか、一番関わってくる所だよね。
———ここまで
 
これまでは、
 
第21条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
 
だったのだけれど、自民党草案では、
 
第21条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、保障する。
2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。
 
となっています。
この余計な2がついているわけだけど、これマジで怖くないっすか?
「公益及び公の秩序を害する」って、何が「公」なのかって話ですよ。
 
上の原発問題だって、今すでに、一部の人の利益を害するような発言や報道が規制されているわけです。
それをさらに強固な物にしようとしているとは考えられませんか?
 
時の政府や権力者が、「公益及び公の秩序を害する」と判断した場合、堀潤さんのように正しいと思うことを口にしただけで犯罪者にされてしまう危険性があるわけです。
 
もっと単純に、オレたちが作っている歌や、デザインや、映像や、文章その他だって「公益及び公の秩序を害する」と判断される危険性もあるわけです。
 
今、オレたちが、音楽その他の手段で、(一応)言いたい事を言えているのは、「表現の自由」が保障されているからだという事を改めて、深く心に刻んだ方が良いかと思うのです。
余計な2をくっつけられたら、たまったもんじゃない!とオレは、思います。
 
 
そんなわけで、堀さんの発言にも出てきたし、オレも衆院選の時から取り上げてた「表現の自由」に関する所だけ、簡単に書いてみたけど、本当に自民党の憲法改正草案、読めば読むほど、ヤバイとオレは思っています。
 
 
まあ、そんな事も感じつつ、明日の参院選、投票に行こうと思います。
皆様も、ぜひ思いを込めた一票を!


© 2017 不思議軍

Theme by Anders NorenUp ↑