2012年に奇跡の来日を果たしたCOMUSの来日公演を収めたCD&DVDの豪華なBOXセットが発売されたので、早速購入いたしました。
 
Comus Live in Japan 2012
 
Comus Live in Japan 2012
 
10枚のポートレイトを収納した豪華ボックス仕様。 全曲歌詞、対訳付。限定500組という代物。
 
いや~感動が蘇ります。
 
限定500組、オレが1つ買ったから、最高に売れ残っていたとしても、あと499組です!(笑)
少しでも気になる方は、購入推奨!
 
COMUS / LIVE IN JAPAN 2012をAmazonで購入

 
 
さて、その時の事は、以前mixiの日記に書いたので、多少修正して、ここに再録させていただきます。
 
(以下、来日公演当時の日記より)
『Song to Comus』2012年02月19日15:10
 
10代後半のある日。
当時、稲荷山公園の米軍ハウスに住んでいた画家のスズキコージさんの家に友人と2人で遊びに行き、泊めてもらった事がある。
 
(スズキコージ公認ホームページ)
http://www.zuking.com/menu/index.html
 
スズキコージの本をAmazonで見る
 
夜中、一緒に行った友人が寝て(酔いつぶれて?)しまってから、コージさんと色々話しをしていたら、突然コージさんが
「君はこういうの絶対好きだね。」
と何故か決め付けるように決然と言い放ち、何枚かのレコードを取り出して来た。
 
興味深く眺めていると、
「あげるよ。」
と一言。
 
その頃、全く知らなかったアーティストのアルバム(LPレコード)を数枚いただいた。
 
どれも、コージさんのお見立てどおり、オレ好みの音だったのだが、その中でも、特にオレの心に深く突き刺さったアルバムが、COMUSの2nd アルバム『To Keep From Crying』だった。
 
comus 2nd
(スズキコージさんにいただいたCOMUSの2nd)
トゥ・キープ・フロム・クライング(紙ジャケット仕様)をAmazonで購入

 
コージさんのレコードの扱いは、けっこうひどい物で、ジャケットはボロボロ、盤にも多少キズがあり。
さらには、日本盤なのにライナーは無し。
という代物で、その頃、ただでさえ情報がない時代に、頼みの綱のライナーがない!
このCOMUSというグループは全く謎のまま、オレの心に音だけが深く刻み込まれていった。
 
中でも、このアルバムに収録されている『Children Of The Univers』という曲は、オレにとって
Sallyangieの『Children Of The Sun』
Daevid Allenの『Children Of The New World』
と並ぶ、世界3大『Children Of The・・・』ソングとして永遠に讃えられるべき曲になった。
 

その頃の数少ない情報から、このグループ実は、もう1枚アルバムを出しているという話は知っていた。
 
長い事、そのアルバムを探し求めていたオレだが、全く巡り合うことなく、幾年月。
 
時代はCDへと変わり、アレコレと過去音源が再発されるなか、出ましたCOMUSの1stアルバム!
テイチクからね。
 
もちろん即買い。
やっと聴けたわけです!
2ndと比べると、かなりアングラ(死語?)な音なのですが、これまた、オレの心にグサリときました。
 
後に再発されたアナログ盤もしっかり買いましたとも!
 
comus 1st
(再発アナログ盤)
First Utterance [12 inch Analog]をAmazonで購入
 
※昨年(2011年)、アナログ盤を3,000枚ほど売り払ってしまったオレですが、この2枚は手放しませんでした。
 
 
しかし、この人たち、この2枚のアルバム以来、全く消息知れず。
 
それが、なんと、2012年の今、来日しちまいました!
 
しかも、その来日公演には、不思議なバレッツのベース、宮崎りえが深く関わっているという。
 
そして、オレの所に『COMUSの来日WEBサイト作りたいんだけど、手伝って下さい~』との連絡が!
 
なんというご縁!!
即答です。
「よろこんで~」
 
そのご褒美に、来日公演にも招待していただきました。
 
 
ちょっと前の話ですけどね。
2月4日。(2012年)
 
行ってきましたよ!
 
見ましたよ!
 
生で聴きましたよ!
 
 
もうね~・・・こんな日が来るとは、全く考えてもみなかったわけですよ。
 
数十年の間、音楽シーンから遠ざかっていた(と思われる)メンバーなのに、全くそのブランクを感じさせないステージに震えがきました。
魔法かよ!
と。
 
ちょっと涙出そうになった。
 
というか、出た。(笑)
 
 
新曲も披露してくれて、彼らの本気っぷりが伝わってきました。
 
 
ああ・・・しかし、何かがつながっているんだな。
 
そして、唯一無二の物は、時が流れても色褪せない物なのだな。
 
 
そういうものに
 
わたしは
 
なりたい